地域公益活動

生活困窮者自立支援法に基づく就労支援事業

社会福祉法人八女福祉会は、福岡県知事より生活困窮者自立支援法に基づく就労支援事業の認定を受けております。
この事業の対象者として、生活困窮者の一般就労と福祉的就労との間に位置する就労の形態として、将来的に一般就労が可能と認められるが、一般就労に就くうえで、まずは本人の状況に応じた柔軟な働き方が必要と判断され、自治体による支援決定を受けた者が対象となります。

八女福祉会の中で認定を受けている事業所

○特別養護老人ホーム八女の里
○ユニット型特別養護老人ホームステイン八女の里
○介護付有料老人ホームグラン八女の里
○養護老人ホーム八女の里八媛苑

 

ふくおかライフレスキュー事業

社会福祉法人八女福祉会は、「ふくおかライフレスキュー事業」に参加しております。

「ふくおかライフレスキュー事業」とは「今日、明日食べるものがない」「電気・ガス・水道が止められた」「失業した」「介護・障がいの悩みがある」「虐待やDVを受けている」など、地域で暮らす様々な方からの相談(生活問題・地域課題)に対して、各施設に配置されたサポーターが実際に現場に出向き、自分の目と耳で確認しながら、各種制度やサービスにつなぐなど、生活が安定するまでの支援を行います。また、緊急の場合には、食材支援やライフラインの復旧など、経済的援助(現物給付)も行います。

この事業は高齢者施設や障害者施設、保育園を運営している社会福祉法人同士が協力して、得意分野の異なる社会福祉法人が連携することで「幅広い年代の様々な福祉ニーズに応えた支援」を提供します。